赤坂メンズエステブログ,日記の紹介ページ

望月にいなさん 体験記事

Tel.03-6277-7392
営業時間:9:00~翌朝6:00受付時間:8:30~翌朝5:00
WEB予約はこちら

アロマエイト セラピスト体験取材 メンズエステ 体験記事 望月にいな 赤坂メンズエステ 赤坂見附メンズエステ

望月にいなさん 体験記事

投稿日:2019年12月2日 更新日:

望月にいなさん 体験記

今回の主役であるQちゃんこと望月にいなさんとの出逢いは、以前こちらでも体験記を書いた同時期の新人さんであるうさちゃんの大、大、大推薦があってのことである。

このことからもわかるように、Qちゃんは「女性が憧れる女性」と言ったらぴったりくるような大人の女性ならではの凛々しさがあり、その綺麗系なのに可愛いらしさもある感じは、まるでOggiやBAILA辺りのファッション誌から抜け出てきたようなカッコ良さがある。
という訳で、うさちゃんにはQちゃんによく似ている(と僕が思っている)芸能人を何人か挙げてみたものの、「全然違うし、にいなちゃんの方が可愛いし」と誰を挙げても全然納得してもらえない。
自分にとって本当に好きなモノは他の何かと比べられるようなモノではないということなのだろうが、それだけ彼女のQちゃん愛は深いのだ。曰く、「いやあ、もう眼福」「見てるだけで癒されるぅ」「ホントお肌もすべすべで…」と 例の人懐っこく可愛いらしい調子で、宙を仰ぐようにして繰り返すのだから、僕としても気になって、もう逢ってみない訳にはいかないだろうとなった。

さて、その結果はどうだったか?
僕の意見は?
もちろん、良かった!
良いに決まっているが、あまりにうさちゃんの売り込みが激しかったこともあって、事前に自分の中のハードルが上がり過ぎて、当初彼女と同じようには高い評価をつけられなかった。
まあ、僕の見る目がないのだと言ってしまえばそれまでなのだが、彼女がめっちゃ美人で、むちゃくちゃスタイルが良いということにすぐには気づかなかったし、おまけにと言ってはおかしいが、ここまで施術上手になるとは正直思っていなかった。
だが、僕の見る目がないというだけでもないだろう。
なぜなら、彼女は逢うたびにどんどん魅力的になっているからだ。

初めて逢ったのが8月4日で、今日はもう9月23日になるから、書こうと思ってからもう1ヶ月半以上経っていることになる。
大体、1回入って書けなくても2回も入れば、なるほどこういうことか、この子はこういう感じだなと掴めるものだが、彼女にはもう4回も逢っている。
だが、それは書くことが無いのではなく、むしろ書けること、書くべきこと、書きたいことが多過ぎてまとまらない感じなのだ。
そして、その内容も日々変化しているように感じる。
そうこうしているうちに、彼女はドンドン人気者になり、今では当日では全く予約が取れない、現時点で赤坂アロマエイトでナンバーワンの人気セラピストになってしまった。
さて、こうなると益々書きにくくなる。
どうしたらこのナンバーワン・セラピストの魅力を的確に表現できるだろうかと。

だが、結果的にはこれで良かったのだと思う。
一人のセラピストをこんな風に時間をかけて追いかける機会はなかなかないし、
彼女の場合はこのかけた時間に見合った成長を感じることが出来たからだ。

という訳で、今回の体験記では、現在のQちゃんがどれほど良いかというだけではなく、彼女が今日までにどれだけ素敵に変わっていったのか、その出会いと共に少しずつ振り返ってみたいと思う。
確か1回目は、そもそも注文の多い僕が悪い訳だが、もうほとんど雑談タイムというか、マッサージの講習会というか、Qちゃんから施術らしい施術をしてもらった記憶がない。
だが、自己紹介を含めじっくり色んな話を聞かせてもらったし、こんな技をやってみたらどうかというような施術へのアドバイスやコンセプトについても話せたと思う。
勝手に派手なルックスを想像していたので、その清楚な雰囲気とメンエスは初めてだという初々しさが実に眩しかった。
とかく過激なサービスがもてはやされ、メンエス自体の実態が揺らいでいる昨今にあって、講習のときに一緒だった同期の新人セラピストから受けた施術に「女の子の身体ってこんなに柔らかいんだ」と無邪気に感動して、その気持ち良さをお客さんにも伝えたいと語るQちゃんの前向きな姿勢はそれだけで十分に魅力的だった。

そう言えば、源氏名について話したのもこのときだったと思う。
彼女の名前は望月にいなという。
なかなか変わった名前なので、ピンと来て「さては2/17生まれだな?」と訊いてみたら、「ブブー、残念!2月7日生まれだよ」とのこと。
「なるほど、2と7でにぃなって訳ね。でも、にいなちゃんって、ちょっと呼びにくいよね。にいニャンってのはちょっと恥ずかしいし、モッチーてのもありきたりだなぁ」
ふたりしてしばらく考えた挙句、僕が思いついたのがQちゃん。
2+7=9だからというのと、彼女の可愛いらしい口許がオバQ的な抜け感(何じゃそりゃ)をもたらしていて、その隙のない美人なお姉さん風のルックスにちょっとした親しみやすさを付け加えていると思ったからだ。
その場で「キュートなキューちゃんって感じも語呂的に良いよね、Qちゃん!」と話したら、すぐさま「キュー♡」と鳴いて応えてくれるなど、クールな外見とは裏腹に意外なほどノリの良い感じは余計に可愛らしく思えるものだ。
こんなやりとりからもわかるように初回は彼女のおっとりとして優しく、マイペースで女の子らしい感じが印象的で、普通にメンエスに行くのとは違う、ほのぼのとした時間が心地良かったのを憶えている。ただ、彼女自身は施術で評価されたいようで、そのときは「体験記はまだ書かないで、もっとちゃんと出来るようになってから」と言われた。

この後、2回目、3回目と回を重ねていくと、そのたびに彼女の新たな魅力を発見できるようで楽しかったのだが、初回から妙に距離を詰めてしまったせいか、本来なら彼女がお客さんを相手に発揮する筈のおもてなし感や施術、それに伴う雰囲気作りが僕のせいで十分に発揮されないというところはあっただろう。
という訳で、過去3回、僕と彼女の間にはどうにも施術の体験記を書くという感じでもない、楽しいながらもいま一つ掴みどころのない時間が過ぎていった。
彼女とは端から友だちのような感覚で始まってしまったものだから、こちらもこちらで今更距離を取って、ここがどうだ、そうじゃないとレビュアー感覚で論評する気にはなかなかなれなかったのだと思う。
こんな風に当初はとても近くに感じでいた彼女だが、2回、3回と回を重ねていくうちに、マイペースなのか、はたまた普通に警戒されていたのか、少し近づいたかなと思えばまたちょっと離れてというような微妙な距離感を行き来するような印象があった。
言い換えるなら、メンエスのセラピストというよりは女友達との関係を少しずつ深めていくような雰囲気だ。
だが、それでも、毎回、施術時間の後半、お互い慣れてくると、彼女の素の優しさに触れる感じがあって、いつも嬉しい気持ちにさせられた。
多分、シャイで控えめなQちゃんは、色々気持ちがあっても自分の中でちゃんと心の準備ができていないとすぐには行動に移せないタイプなのだろう。
結構お姉さんの筈なのに、スレてない女の子っぽさをちゃんと持っているところが新鮮で、こんな風にちょっともどかしいような距離感にきっとみんな夢中になってしまうのかもしれない。
だが、一方で、そんな距離感とは全く関係なく、施術に向かうQちゃんはいつだって一生懸命だ。自分が今できることに集中して、全力で精一杯の施術をしているのがわかるので、とても信頼できるし、この人なら身を任せられるなという安心感がある。
という訳で、過去3回目までで彼女の人間的魅力は十分に理解しているつもりだったから、改めていわゆる「お客さん」扱いをして貰えなくてもそれはそれとして体験記を仕上げるつもりでいた。だから、そんな感じである意味、特別何か印象が変わることはないだろうとそれまでの印象を確認するくらいの気持ちで受けたのがこの第4回目だった。

だが、結果はもうびっくり。
そう、全くもって、こんなに良かったっけ?というくらいの上達ぶりだったのである。
コツコツと地道に努力してきたのだろう。
マッサージ一つとっても、的確にポイントを押さえているし、触れ方、手の走らせ方、
オイルの拡げ方も段違いに良くなっている。施術の流れも以前とは比べものにならないくらいスムーズだし、その一つ一つが心地良い。また、「これはどうかな?」「これが気持ち良いんだよね」などとQちゃんがこれまで培ってきた自分なりの経験や体感を柱に、手技、足技の意義を解説しながら施術してくれる様がとても頼もしく、心から満足できた。
遠慮気味だった密着も何か吹っ切れたかのように積極的にリードしてくれる。
恐らくこれまでは距離感が近過ぎて、普通の感覚では密着できない感じだったのが、技術的に自信を上げていく中で密着も施術的に自分から無理なく出来るようになったということなのだろう。
一人の女性として魅力的なのは十分にわかっていたつもりだが、メンエスのセラピストとしてもこんなにも魅力的で実力もある人だということに初めて気づかされた。
わりと無言な感じで、恋人同士的なムードを高めつつ、楽しませるというのはメンエスではよくある手法だが、それとは違って和やかに言葉を交わしながらもあくまでも施術のチカラで心と身体を揉み解し、癒しに繋げるという理想的な流れが自然と出来上がっていた。
ふたりして「今日が一番楽しかったね」なんて話したくらいで、お互いの心と身体が通い合い、素直に心も身体も暖まったなあという気持ちになれた。
お気に入りのセラピストさんには定期的に入る方だが、回数を重ねる中でこんなにも素敵に変化したセラピストさんは初めてだと思う。
良くなったのは施術だけではない。
Qちゃんは見た目も以前よりグンと素敵になったと思う。徐々に施術にも自信を持ち、この時間と空間を楽しんでいる感じが、その少し嬉しそうな表情にも窺える。
みんなに愛されて、本当にすくすくと成長していく感じはまさしく進化するセラピストと呼ぶのがピッタリだ。

では、何故こんなにも彼女は良くなれたのだろう?
一言で言えば、きっとこういうことだ。
彼女にはメンエスに対する変な偏見や蔑視がないのである。
メンズエステは要するにマッサージと密着によって、お客様を日々の疲れから解放し、癒しを与える仕事であり、その周辺がどれほどグレーでいかがわしい要素に取り囲まれていても、その本質には変わりが無い。このことをQちゃんは自分自身でもちゃんと信じられているのだと思う。
それは、ある意味、とても運が良いし、余計な雑音に振り回されない彼女生来のマイペースな性格が上手く作用しているのだろう。
実際、まだこの仕事で嫌な思いをした記憶がないというようにメンエスに纏わる嫌なところ、悪いところを上手くすり抜けていくようにどんどん良くなっていく感じは、
これまでメンエスの黎明期を悪戦苦闘しながら切り拓いてきた諸先輩方には感じられない屈託のなさである。
だからこそ、彼女はマッサージが上手くなりたいとしきりに公言し、僕が紹介したマッサージサロンにもいち早く予約をとって受けに行くなど、旺盛な向上心に支えられたフットワークの軽さをさりげなく見せてくれる。しかも、そこで受けた施術にいたく感心し、「あそこと同じかあそこより高い額を貰ってると思ったらもっと頑張らないといまの自分の実力では全然釣り合っていないなあって反省した」なんて、本気で言うのだ。
願わくば彼女には今と同じような良いサイクルのまま、これからもすくすくと育っていって欲しい。逢えば逢うほどに距離が近づき、心が近づき、身体が柔らかくなる喜びは、まさにメンエスの正統的な楽しさだ。

それを象徴するように、あるとき、彼女はお客さんからこんなことを言われたという。
「ごめんね。僕は今日はやらしいことしようと思ってここに来たんだけど、望月さんのマッサージ受けてたらなんか普通に気持ち良くて、そういうのどうでも良くなっちゃった」
彼女が喜んだのは言うまでもない。
良いメンエスセラピストならきっと誰もが知っているこの嬉しさを、彼女はこれから何度も味わっていくのだと思う。
そして、こんな感想が特に意味を持たない当たり前になったとき、この業界は新しい時代を迎えることになるだろう。
Qちゃんにはそんなトビラを開いていってくれる新しい時代のセラピストになって欲しい。

-アロマエイト, セラピスト体験取材, メンズエステ, 体験記事, 望月にいな, 赤坂メンズエステ, 赤坂見附メンズエステ

執筆者:

関連記事

うむ。

わたし個人としては今日が8月最後の出勤☺️ 昨日もご来店ありがとうございました🤲🏻💓 いつも手土産もって会いに来てくれて 変わらずずっとありがとう(❁ᴗ͈ˬᴗ͈) 今日も朝5:00まで居るのでお時間合う方ぜひお立ち寄りくださると嬉しいです🤲🏻💓 お待ちしてます(൦◟̆◞̆൦)♡‧˚₊*̥ 👱🏽‍♀️あやせ Tweets by happy7_a 👱🏽‍♀️#東京#赤坂#赤坂見附#新店舗#アロマエイト …

すこしまじめ。

風が少し強くてお隣のおうちの風鈴がチロリンチロリンとわりと激しく奏でられております🎐✨ お盆っていつまでなのかな。 わたしの認識としては今週いっぱいがお盆🎐✨ お盆にお仕事するのは学生時代のバイトの時以来(笑) (イオンは年中無休😂) クレアーズっていうお店でバイトをしてました🎀✨ カラフルでキラキラしてて今でもずっとだいすきな場所です💖 ここでのバイトは最高にやりがいを感じて バイトがお休みの日 …

はぴ☺︎

ずっとやりたくてでも後回しにし続けて やっと昨日 模様替えできた~(⁎˃ᴗ˂⁎) 朝イチで日用品全部買いこんで ハロウィンの飾り買って(お店のお部屋用🎃) おうち帰って黙々と模様替え🧚🏻‍♀️✨ 気づけば4時間経ってた😳 汗かきすぎて肩も腰も痛くて( ˙᷄ỏ˙᷅ ) ᵒᵐᵍ ᵎᵎᵎ 箱破りすぎて腕ぱんぱん。 でもすごくすっきりして気分がいい(๑˘ ˘๑)*.。 そして今日はお友だちの結婚披露宴🧸💓 …

綾瀬まなみさん 体験記

「綾瀬さんにはプロを感じる。」 これは同じ店舗の実力派セラピストによる言葉だ。 今日は色んな意味でこの言葉を味わい、確かめるようにして、綾瀬さんとの時間を過ごすことができた。 僕はこれまでこういった体験記を書くとき、細かな施術の内容や手順、それに伴う自分の身体的反応を事細かに記す体裁ではなく、新聞の人物紹介記事のようにセラピストの個性や人柄が伝わるような記事を書くことを目指してきた。 だから、綾瀬 …

赤坂アロマエイト 赤坂メンズエステ

すでに令和な気。

なんだかんだあと1週間くらいでGWなんだね~😳😳 去年はおやすみをいただいて見事に五月病になったので 今年はどうしようかなぁとずっと考えていたのだけども 家族が仲良すぎて実家に招集されることになり 今年も盛大におやすみをいただくことになりました🤲🏻✨ 去年みたいに五月病にならないように 気を引きしめておやすみを満喫したいと思います🦄💓 今週が平成最後の出勤になるのだね😳😳 来月からは🍀令和🍀 発表 …